ピンボールマシン ポップ

新型コロナウイルスマルチ検出用1-step RT-PCR Kit

SARS-CoV-2 Detection Kit -Multi-

TOYOBO

価格表

Code No. 包装 価格(税別) 保存温度 説明書
仕様書
SDS 法規制
NCV-403 100回用 ¥98,000 -20℃ なし

用途

●唾液、咽頭/鼻咽頭ぬぐい液などのサンプルからの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)遺伝子の検出

※本キットは研究用試薬です。医薬品医療機器等法に基づく体外診断用医薬品としての承認・認証等を受けておりません。

ただし、「」(厚生労働省健康局結核感染症課 国立感染症研究所 2020年8月18日版)に記載され、公開されており、公的医療保険の適用対象です。

出典:「疑義解釈資料の送付について(その28)」(厚生労働省)()(令和2年8月18日)

説明

本製品は、SARS-CoV-2 RNAのN遺伝子に由来する2領域および内部標準(インターナルコントロール)をマルチプレックスPCRで増幅可能な新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)検出のためのリアルタイム1-step RT-PCRキットです。RNA精製作業は不要で、唾液や鼻咽頭ぬぐい液などの試料を前処理液と混合し熱処理したのち、リアルタイム1-step RT-PCR反応に供し、ウイルスRNAを検出します。

前処理液およびPCR反応組成を改良することで、試料由来の阻害物質耐性を向上し、試料の持ち込み可能量もアップしています。

本製品は、FAM、ROX、Cy5の3波長が測定可能なリアルタイムPCR装置でご使用になれます。本フィルターが搭載されていないリアルタイムPCR装置では、従来品の新型コロナウイルス検出キット SARS-CoV-2 Detection Kit –N1 set- / -N2 set- [Code No.NCV301/NCV302] をご使用ください。

特長

マルチプレックスPCRで増幅
SARS-CoV-2 RNAのN遺伝子に由来する2領域(N1,N2)をマルチプレックスPCRで増幅し、N1領域をCy5、N2領域をROX、内部標準をFAMチャネルで検出します。1チューブで2領域が検出できるため、試薬調製が容易になります。

●偽陰性のリスクを低減
内部標準を含むため、偽陰性のリスクを低減しています。

試料の持ち込み量をアップ
弊社従来品[Code No.NCV301/NCV302]では、試料の持ち込み量が6μLでしたが、本製品では8μLの検体が添加可能になりました。

●迅速
試料から約60分で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の検出が可能です。


●簡便

核酸を精製する必要はありません。試料(咽頭/鼻咽頭ぬぐい液、唾液、ウイルス培養液など)と前処理液を混合、熱処理をするだけで、PCRを行うことが可能です。

●キャリーオーバーコンタミネーションによる偽陽性のリスクを低減
酵素液にUracil-DNA Glycosylase(UNG)を含有しており、誤って混入した増幅産物を分解するため、キャリーオーバーコンタミネーションによる偽陽性を防止します。

実施例

1. 鼻咽頭ぬぐい液、唾液を用いた直接検出

「新型コロナウイルス(2019-nCoV)の遺伝子検査法の性能評価について」(国立感染症研究所 : //www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/ 9482-covid14-15.html)に従い、本製品を用いて検出を行った結果、以下の通りとなりました。


鼻咽頭ぬぐい液

感染研「病原体検出マニュアル2019-nCoV Ver.2.9.1」に従ったRT-PCR法
陽性 陰性
本製品 陽性 10 0
陰性 0 15

※陽性検体として、10~20コピーの検体を2検体、100~200コピーの検体を1検体および1,000~200,000コピーの検体7検体の計10検体を使用しました。
 


唾液

感染研「病原体検出マニュアル2019-nCoV Ver.2.9.1」に従ったRT-PCR法
陽性 陰性
本製品 陽性 10 0
陰性 0 15

※陽性検体として、10~20コピーの検体を2検体、100~200コピーの検体を1検体および1,000~200,000コピーの検体7検体の計10検体を使用しました。

◆ 京都大学大学院医学研究科 臨床病態検査学 京都大学医学部附属病院 検査部・感染制御部 松村 康史先生にご協力いただき、データを取得しました。→ 
 

2. 精製RNA(鼻咽頭ぬぐい液・唾液・喀痰)を用いた検出

「新型コロナウイルス(2019-nCoV)の遺伝子検査法の性能評価について」(国立感染症研究所 : //www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/ 9482-covid14-15.html)に従い、本製品を用いて検出を行った結果、以下の通りとなりました。


精製RNA
(鼻咽頭ぬぐい液)

感染研「病原体検出マニュアル2019-nCoV Ver.2.9.1」に従ったRT-PCR法
陽性 陰性
本製品 陽性 10 0
陰性 0 15

※陽性検体として、10~20コピーの検体を2検体、100~200コピーの検体を2検体および1,000~200,000コピーの検体6検体の計10検体を使用しました。
 


精製RNA(唾液)

感染研「病原体検出マニュアル2019-nCoV Ver.2.9.1」に従ったRT-PCR法
陽性 陰性
本製品 陽性 10 0
陰性 0 15

※陽性検体として、10~20コピーの検体を2検体、100~200コピーの検体を1検体および1,000~200,000コピーの検体7検体の計10検体を使用しました。
 


精製RNA(喀痰)

感染研「病原体検出マニュアル2019-nCoV Ver.2.9.1」に従ったRT-PCR法
陽性 陰性
本製品 陽性 10 0
陰性 0 15

※陽性検体として、10~20コピーの検体を2検体、100~200コピーの検体を1検体および1,000~350,000コピーの検体7検体の計10検体を使用しました。
 

3. コントロールRNAを用いた増幅例

コントロールRNAを500コピー、50コピー、25コピーと希釈し、以下リアルタイムPCR装置を用いて検出を行いました。その結果、すべてのリアルタイムPCR装置において、N1セット、N2セットともに25コピー/反応が検出されました。

【コントロールRNA】
Twist Bioscience 「Twist Synthetic SARS-CoV-2 RNA Control 1 (MT007544.1) 」 (Code No. 102019)

【検証に用いたリアルタイムPCR装置】
<Roche> LightCycler®96,  LightCycler®480 Instrument II
<ABI>7500Fast, QuantStudio 5
<Bio-Rad> CFX96 Touch, CFX96 Touch Deep Well
<TaKaRa> Thermal Cycler Dice III ※Cy5フィルター搭載


製品内容
前処理液 660μL×1本
反応液 1,100μL×3本
酵素液 550μL×1本

プライマー・プローブ液

550μL×1本
注意事項

試料の組成およびリアルタイムPCR装置によっては検出感度に影響する可能性がございます。ご使用になる試料を添加した反応液に対し、陽性コントロールRNAのスパイク試験を行い、検出感度を事前に確認してください。

 「病原体検出マニュアル 2019-nCoV 4. TaqMan プローブを用いたリアルタイムone-step RT-PCR法による2019-nCoVの検出」に掲載されておりますNセット用、N2セット用の陽性コントロール(国立感染症研究所から配布されているものおよび同等の市販品)は、本キットではご使用になれません。
また、米国CDCプライマー・プローブ領域にのみ対応した陽性コントロールも本キットではご使用になれません。

基本反応条件
①前処理  
  前処理液 3μL
  試料 8μL
  Total 11μL

5min.程度室温で放置、熱処理 95℃、5min.  


②RT-PCR反応液  
  反応液 30μL
  酵素液 5μL
  プライマー・プローブ液 5μL
  前処理済:試料または
               コントロール
11または10μL
  Total 51または50μL
 

サイクル条件
<Roche> LightCycler®96,  
    LightCycler®480 Instrument II
<ABI>7500Fast*, QuantStudio 5*
<Bio-Rad> CFX96 Touch,
           CFX96 Touch Deep Well
<TaKaRa>Thermal Cycler Dice III(Cy5 フィルター有)
         
  逆転写反応 42℃ 5min.    
  プレ変性 95℃ 10sec.    
         
  変性
  伸長
95℃
60℃
5sec.
30sec.
45 cycles
 (検出)        

 * ROX補正をはずし、Standard Mode で実施してください。


<TaKaRa>CronoSTAR 96
         
  逆転写反応 42℃ 5min.    
  プレ変性 95℃ 10sec.    
         
  変性
  伸長
95℃
60℃
15sec.
30sec.
45 cycles
 (検出)        


※上記以外の3波長測定可能なリアルタイムPCR装置でもご使用になれます。
装置により、最適なサイクル条件が異なりますので、条件を記載していない機器は東洋紡テクニカルラインまでお問い合わせください。 

ワンポイントアドバイス

RT-PCR反応終了後は反応液が白濁しておりますが、検査結果には影響しません。

FAQはこちら →

陽性コントロール、粘性の高い唾液の調製法などはFAQをご覧ください。


 トラブルシューティングは
こちら

※ 法規制について
毒: 毒物及び劇物取締法[医薬用外毒物]
国: 国民保護法[毒素]
劇: 毒物及び劇物取締法[医薬用外劇物]
組: カルタヘナ法(遺伝子組換え生物等の使用等の規制による
危: 消防法[危険物]
   生物の多様性の確保に関する法律)
P: PRTR法(化学物質排出把握管理促進法)[届け出義務物質]
申: ご購入時に申込書の提出が必要な製品
労: 労働安全衛生法[通知または表示義務物質]
なし: 上記法令や申込書の提出に該当しない製品

製品検索

人気キーワード


コンテンツ

  • 実験実施例
  • 実験サポート
  • 製品選択ガイド
  • 製品一覧
  • TOYOBO LIFE SCIENCE UPLOAD 情報誌
  • コーヒーブレイク
  • お問い合わせ・資料請求
  • TOYOBO バイオニュース メールマガジン登録
  • PCRは東洋紡